医療レーザー脱毛の副作用とは?

医療レーザー脱毛で考えられる副作用

昔に比べて医療レーザー脱毛はリーズナブルな料金で始めることができるようになりましたが、これから医療レーザー脱毛をしようと考えている人の中にはどのような副作用があるのか気になる人もいるのではないでしょうか。医療レーザーの施術を受けたあとは一時的に肌が火傷をしてして外部刺激を受けやすい状態になります。火傷といっても軽度の日焼け程度のものですし、数日経てば自然と炎症もおさまってくるのでそれほど不安になる必要はありません。しかし、体温が上昇してしまうと炎症もおさまりにくくなってしまうので、入浴はもちろんサウナも避けた方が良いでしょう。毛穴から雑菌が侵入すると毛膿炎になりニキビになってしまう恐れがあるので、もし赤みが気になるようならクリニックへの受診をお勧めします。

医療レーザー脱毛にありがちなトラブルとは?

医療レーザー脱毛を行う時にどのようなトラブルが考えられるか、第一に自分の肌にレーザー脱毛があっていない場合の肌トラブルが考えられます。それを確かめるためにテスト照射する事が有効です。それにより、肌の火傷しないかやレーザーによる副作用がないかを判断する事ができます。また、施術クリニックのアフターケアの指導やレーザーの打ち漏れ指摘後の再照射を保証してくれるクリニックかどうかも事前にチェックする必要があります。そのようなクリニックは、少なくなっているため、口コミやレビュー及びカウンセリングで確認して欲しいです。
永久脱毛するなら広島で全身脱毛しよう

医療レーザー脱毛後は副作用で汗の量が増える?

医療レーザー脱毛は効果の高い脱毛方法ですが、時々ネット上の口コミなどで、副作用として、ワキガがひどくなるといった書き込みを目にすることがあります。しかしこれは全くの勘違いです。むしろ医療レーザー脱毛は、わき下などのムダ毛を処理するため、雑菌が繁殖しやすい毛根を破壊し、臭いを防ぐ効果があります。そのため、仮にワキガがあっても臭いが治まることの方が多いのです。おそらくムダ毛がなくなり、ワキ汗を感じやすくなるため、ワキガがひどくなると勘違いする人がいるのかもしれませんが、臭いがひどくなることはまずありません。

医療レーザー脱毛後にしたいアフターケア

きれいな肌を作るためには、サロンで脱毛の施術を受けたら、それでもうおしまい!ということは決してありません。特に、医療レーザー脱毛は、効果が高い分、火傷や肌の赤みなどの副作用が出ることもありますので、 脱毛後のお手入れはとても大切です。それでは、医療レーザー脱毛後にはどのようなアフターケアを行ったら良いのでしょうか。まず、肌をしっかりと冷やすことが必要になりますので、脱毛当日はお風呂に入ることを控えて、シャワーのみにしましょう。また運動でたくさん汗をかいたり、サウナに入ったりすることもやめましょう。肌のほてりがとれない場合は、冷たいタオルをあてたり、保冷剤を使用するなど、肌をクールダウンさせましょう。また、保湿はいつもより念入りに行い、脱毛後は肌が敏感になっていますので、日焼けにも注意が必要です。必ず日焼け止めを使用し、強い日差しを浴びすぎないように心がけると良いでしょう。
レーザー脱毛 沖縄 安い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です